歯医者は予防歯科の役割があります

以前は「歯医者に行く」と言ったらむし歯治療に行くといった場合がほとんどでした。ですからむし歯を未然に防ぐためには歯みがきをするしか方法がなく、それでもむし歯ができてしまったら歯科医院へ行くのがあたり前だったのです。



しかし、最近の歯科医院は違います。「歯医者はむし歯治療をするところ」と言う考え方から、「歯医者はむし歯にならないように予防をするところ」になりつつあるのです。



以前は歯磨きをすればむし歯予防ができると考えられていましたが、きちんと歯磨きをしてもむし歯になりやすい人がいたり、歯磨きをあまりしなくてもむし歯になりにくい人がいたりと、そこに歯磨きをしないことだけが原因でないことがわかってきたのです。
むし歯になりやすい人は、元々歯の質が弱い場合があります。


それはフッ素を使って強化しなければ歯が強くなることはありません。


また定期的に歯石を除去したりクリーニングしてもらったりすることで、歯をいつまでも健康に保とうと歯磨きをきちんとする習慣が身についたり、むし歯予防のための努力をしたりするのです。



またむし歯菌を口腔内にたくさん保有している人も、定期的に歯科医院に通うことで、菌の数を大幅に減らすことが期待できるのです。


ですからもはや、歯医者の役割はむし歯治療のみではなく、むし歯にならないための予防歯科の意味合いが強くなってくるかもしれません。

日本人がもっと歯を大事にすれば、8020運動も簡単に到達できるでしょう。